レクサプロ 眠気 運転

異常な眠気で事故を起こしそうになりました(20代/女性)

この体験談の要点:

 

●病状:自傷行為

 

●副作用が強く1週間で使用を中止した

 

●眠気・動悸

 

●高い

 

異常な眠気で事故を起こしそうになりました(20代/女性)

前の職場での嫌がらせから、他人に相談するのも誰かに怒りをぶつけるのもだめだと思い込み、自傷行為を行うようになりました。最初は針やはさみで軽く腕を傷つけてましたが、だんだんそれだけでは満たされない、こんな弱い自分はだめだ、もっと自分に罰を与えなければならないと思うようになり、カッターで切るようになり、さらには火のついたタバコを押し付ける(いわゆる根性焼き)行為にまで発展しました。その頃の自分には、それしか考えられなかったからです。

 

しかしある日、ボロボロになった腕を見たとき歯止めが効かなくなっていることに気付き、通院を決意しました。近所の病院では知り合いにバレてしまったらどうしようと思い、車で一時間ほどの個人病院を受診しました。

 

そこで初めて精神薬として処方されたのがレクサプロでした。

 

初めてだったからか、効果より副作用の方が顕著にでました。
その頃はまだ職場に通いながらの通院だったので、車を運転していました。しかし運転中異常な眠気に襲われて事故を起こしそうになりました。また、心臓がバクバクしたり(動悸というのでしょうか)、なんとなくそわそわする、何もないのに焦りがあるなどとにかく辛かったです。そのせいでさらに自傷行為がエスカレートする、という悪循環でした。
費用はレクサプロ10mg一錠200円ほどだったと思います。高かった印象があります。

 

結局、新薬だからか副作用が出やすく、私自身生活に支障が出て困ったので1週間でやめてしまいました。その後、二ヶ所転院しましたが、私は今でもレクサプロは処方されていません。個人的にはレボトミンが一番副作用もなく、突発的な不安に効果が得られています。

 

新薬として注目されているレクサプロですが、運転する習慣がある人や休養中ではない人にはおすすめしません。精神薬全般に言えることですが、強い薬ほど運転中の危険が高まります。今までたくさんの抗精神薬・抗不安薬を服用してきましたし、現在もそうですが、副作用が顕著に出たのはレクサプロだけです。自宅療養している場合や入院しなければならないなど、休養中の場合は大丈夫かなとは思います。

レクサプロジェネリック「シトレス」の詳細・口コミはこちら